胡錦濤がついに更迭する「江沢民派」上海市トップ

執筆者: 2006年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

「陳さんを地盤から引きはがす決意は、ますます固くなっています」――中国筋は、胡錦濤総書記が、上海市のトップ・陳良宇党委員会書記(政治局員)を異動させる方針は揺るがない、と明言した。 陳の人事をめぐっては、〇五年春から天津市党委書記や総工会主席への転出が噂されてきた。だが、江沢民前総書記の威光を借り陳は頑強に抵抗し、天津側も受け入れを渋ったため難航。加えて、陳の後任に予定していた劉延東・党中央統一戦線工作部部長が「私は経済を主管した経験がありません」と、やんわりと上海行きを辞退したため、暗礁に乗り上げたとの観測も出ていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top