防空識別圏――平時の自由と安全と秩序ある飛行の保障

執筆者: 2014年1月26日
エリア: 中国・台湾

 昨年、中国が11月、韓国が12月に防空識別圏の新設、拡大を公告した。日本国内では「中国が防空識別圏をわが防空識別圏の中に設定するのはけしからん」「領空に設定するのはもってのほか」など非難が姦しい。

 軍事に属する防空識別圏は、領空と連続し、平時においても主権を脅かす脅威の排除と密接に関係している。その防空識別圏の設定に隣国や国際社会が何処まで干渉できるのか。また、防空識別圏内で他国の航空機を何処まで拘束できるのか考えてみる。

 敵の航空侵攻を阻止する防空作戦では、領土から可能な限り遠方で敵機を迎え撃つことが重視される。従って、発見・識別が遠方であればあるほど、会敵点も遠方になり戦闘に余裕時間が生まれる。この敵味方識別の前縁が防空識別圏の外周を形成し、迎撃のための緊急発進(スクランブル)発令のタイミングを計る目安となる。

カテゴリ: 国際 外交・安全保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top