中国軍人事に示された胡錦濤の「力と危機感」

執筆者:藤田洋毅 2006年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

地方を押さえ、軍掌握も着々と進む。胡の周りは次第に腹心で固められつつあるが、しかし、国全体はいっかな安定しない。 共産革命途上で国民党に惨殺された烈士の霊が中南海に現れ、共産党幹部に問い掛けた。Q「国民党は打倒したか」A「(台湾から)大陸に戻り(合弁企業などの)董事長になっています」Q「帝国主義は駆逐したか」A「(投資するため)財布を抱えて再来しています」Q「資本家は打倒したか」A「入党しました」Q「人民は牛馬のような労働から解き放たれたか」A「失業して労働する必要すらなくなりました」Q「婦女子は解放されたか」

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top