“経営燃料不足”のJALが翼を休める日

執筆者:杜耕次 2006年4月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

世間を呆れさせた泥仕合が収まっても、内情は変わらない。財務には何重もの乱気流が待つ。このままでは破綻への片道飛行に――。「ご指摘の通りです。バランスシートをどう改善するか、時間軸を持って考えなければならない」 あまりの歯切れの良さに、報道陣は一瞬呆気に取られた。 三月一日午後三時、東京・霞が関の国土交通省。日本航空(JAL)の社長交代発表会見が始まった。 冒頭の発言は、六月下旬に社長を辞任する新町敏行(六三)に代わる次期社長(現取締役)西松遙(五八)の口から飛び出したのだが、その前段の記者の質問はこうだった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top