原発という「足枷」で追いつめられる「東芝」「三菱重工」「日立」

執筆者:杜耕次 2014年6月30日
 辣腕で知られるGEのイメルト会長 (C)AFP=時事
辣腕で知られるGEのイメルト会長 (C)AFP=時事

 世界を股に掛ける重電メーカーの巨人が覇権を目指して激突したM&A(合併・買収)合戦が、ひとまず決着した。世界首位の米ゼネラル・エレクトリック(GE、2013年度売上高約14.8兆円)が9位の仏アルストム(約2.7兆円)の買収に動き、2位の独シーメンス(約10.4兆円)がそれを阻止するために7位の三菱重工業(約3.3兆円)と組んで対抗プランを打ち出すという構図だったが、「雇用流出への懸念」を理由に反対の意向を示していた仏政府を懐柔したGEが結局競り勝った。世界で急伸する電力需要を背景にした重電市場での「ガリバー誕生」にライバルメーカーは警戒を強めるが、中でも日本の重電3社(東芝、三菱重工、日立製作所)が受けた衝撃は大きい。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top