先行進出日本企業の追加投資を阻害するインドの“お役所仕事”

執筆者: 2006年12月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

 十二月にマンモハン・シン首相が来日するなど明るい面が目立つ日印関係だが、日本企業のインド事業には制度上の障壁に直面している案件も珍しくない。 スズキの子会社でインド最大の乗用車メーカー、マルチ・ウドヨグは十一月、ニューデリー近郊に建設する新工場について申請していた経済特区(SEZ)の適用を商工省から拒否された。 SEZは新規投資の促進策で、すでに近隣にある工場の拡張とも見られるマルチの計画は対象外というのが商工省の言い分。特区に認められる免税措置で歳入が減ることを財務省が危惧した結果との見方もある。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top