エルピーダも乗った台湾半導体の強み

執筆者: 2007年2月号
エリア: アジア

 日本の半導体大手エルピーダメモリが昨年十二月、台湾の同業メーカー力晶半導体とパソコン用メモリー「DRAM」の事業で合弁を組むことを決めた。総額四千五百億台湾ドル(約一兆六千億円)を投じ、台湾中部・台中県のサイエンスパーク「中部科学工業園区」で五年以内に四つの工場を建設する。 広島県の主力工場が手狭になったエルピーダは、他に日本、中国、シンガポールを新工場の候補地に挙げていた。力晶とならびDRAM製造の委託先としてきた中国の中芯国際集成電路製造をパートナーに選ぶとの観測も流れたが、「免税措置などの投資優遇策は中国が上だが、台湾はインフラが充実している」(坂本幸雄社長)と判断した。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top