イランのミサイル監視のためイスラエルが新型スパイ衛星

執筆者: 2007年8月号
エリア: 中東

 イスラエルが先ごろ、新型のスパイ衛星の打ち上げに成功、核開発を進める宿敵イランに対抗する上で強力な軍事能力を備えたようだ。 打ち上げに成功したのは、極めて鮮明な画像を送ることができる偵察衛星「オフェク7」。イスラエル国内で開発され、去る六月十一日、地中海沿岸のパルマヒム空軍基地から、国産の三段階式固形燃料ロケットで発射された。 イスラエル軍事筋によれば、この打ち上げはイスラエル国内で実施された米軍との空軍演習の一環であり、同演習は今夏、対イラン戦争が勃発するという想定で行なわれたという。中東軍事筋は「オフェク7によって、イスラエルは中東地域の軍事的な動き、特にイランのミサイルを監視する能力を飛躍的に向上させることになり、イランに対し決定的に優位に立つ」とみる。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top