うごめく中国版SWFに「西側」躍起の包囲網

執筆者: 2007年9月号
タグ: 中国 メルケル
エリア: 中国・台湾

 欧州の銀行買収合戦にまでチャイナマネーが姿を現わした。オランダのABMアムロ銀行の買収をめぐり、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)など三行連合と、英バークレイズ銀行が争っている。七月下旬、バークレイズは買収提案額に上乗せすることを発表。資金源は、中国の国家開発銀行とシンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスだった。 バークレイズは自社株最大一九%と引き換えに百三十四億ユーロ(約二兆円)の資金を捻出。欧米各国首脳は、アジアの国家ファンド(SWF=sovereign wealth funds)に対する不信感をさらに募らせたことだろう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top