「反露」のマケイン候補になぜか接近したロシアの大富豪

執筆者: 2008年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 北米

 過熱する米大統領選挙。共和党ではマケイン上院議員が候補指名をほぼ手にしたと思いきや、思わぬ疑惑が噴き出した。 マケイン候補は、三月のロシア大統領選の後も実権を握るプーチン大統領を、日頃から激しく批判していた。だが、プーチン政権と近いロシアの富豪オレグ・デリパスカ氏と国外で接触していた――と米紙にスクープされたのだ。マケイン候補の足を引っ張るためのリークがあったようだ。 デリパスカ氏はソ連崩壊の混乱に乗じて利権を握りエリツィン前大統領にも食い込んだ狡猾な政商で、現在は世界最大手のアルミニウム企業UCルサルのオーナー。推定個人資産は百六十八億ドル(約一・八兆円)で同国長者番付二位。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top