政府系ファンドCICが警戒されても退けぬ理由

執筆者:八重山洋 2008年5月号
エリア: 中国・台湾

 毎週一回、米ニューヨーク市内にある大手投資ファンド、ブラックストーン・グループのもとに、北京から一本の電話が入る。電話の主は中国政府系ファンド、中国投資有限責任公司(CIC)の海外投資担当者。会話の内容は「米国景気をどう見るのか」「サブプライム問題の行方は」とマクロ経済が中心で、たわいのないものだ。 昨年五月、中国政府はブラックストーンの上場に合わせる格好で三十億ドル出資している。ブラックストーンは上場後に四割近く株価を下げているから、出資で十億ドル以上の損失をこうむったはずだ。だが、CICの担当者は投資先に当たったりはしない。「全米最強とされるブラックストーンに接近することで様々な情報を入手し、次のディールのチャンスをうかがうのが彼らの戦略」(ブラックストーン関係者)だからだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top