サミット「警備体制構築」はもう間に合わない

執筆者:永瀬真司 2008年6月号
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 日本

何か起こったら町村官房長官の責任――。サミットの警備体制構築は遅れに遅れている。省庁の連携もガタガタ。天に祈るしかないのか。 《七月七日 反グローバリズム勢力がサミット会場周辺で大規模デモ。首脳が乗ったヘリコプターは故障》 《八日 デモが暴徒化。国内過激派は道内の陸上自衛隊演習場に侵入。札幌の地下街でサリンが散布され、陸自化学防護隊が北海道警と協力して除染。北朝鮮の不審船を日本海で発見、海上自衛隊のP3C哨戒機が警戒》 《九日 北朝鮮で弾道ミサイルの発射の兆候を探知、日本海に海自イージス艦が展開。国際テロ組織によるハイジャックも発生。ハイジャック機は北海道に向かい、緊急発進した航空自衛隊の戦闘機が追尾。各国首脳が避難後、ハイジャック機はサミット会場に激突》

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top