肥大したペットボトル・ビジネスの次なる主戦場

執筆者: 2009年2月号
エリア: ヨーロッパ

日本でもすっかり定着したミネラルウォーターだが、先進国の需要は頭打ち。世界の有力メーカーは「安全」を看板に途上国へ軸足を移す。「空気と水はタダ」という概念は、ひと昔前の日本人の常識というばかりでなく、おそらく近代以降の人間社会の基本概念であった。いずれが欠けても人の死に直結するわけで、人の生存権の確立とともに、“常識”になってきたと考えられる。 ところが二十一世紀になって、水ばかりか、ついに空気までもが有料になった。空気を燃やした残りカスである二酸化炭素を出す権利、「二酸化炭素排出権」に価格が付されたことで、空気も事実上タダではなくなったのである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top