インドの景気減速にも引くに引けないトヨタの新小型車生産

執筆者: 2009年2月号
タグ: インド

 トヨタ自動車のインド事業に注目が集まっている。同社は昨年四月、バンガロール郊外に第二工場を設け、新興市場・途上国向けに低価格の新小型車を生産する計画を打ち上げた。投資予定額はその後の追加も含めて六百八十億円。この成否がトヨタおよび業界の将来を左右すると見られているのだ。 ポイントは二つある。ひとつは新型車が売れるか。景気減速は新興経済圏でも本格化し、インドの新車販売も勢いが落ちてきた。新型車は一台五十万円前後を目指すとされるが、いくら低価格でも、年間十万台という生産台数が新興国などで捌ける可能性は低下している。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top