制裁を無効にするミャンマーと中・露・北の蜜月

執筆者:南部正 2009年4月号
エリア: ヨーロッパ アジア

第二の都市・マンダレーは中国資本に席捲され、最大都市・ヤンゴンではロシア人観光客が急増。さらに北朝鮮まで――。[マンダレー、ヤンゴン発]街灯がない暗い路地にある観音開きのガラス戸から、青い蛍光灯とぼんやりとしたピンクの光が漏れている。丸っこいビルマ文字の横に、たどたどしい漢字が並ぶ。人影は見えないが、路上にはピカピカに磨かれた年式の新しい車が列をなす。現地ガイドが達者な日本語で解説する。「ここがマンダレーのラブホテル街です。女性を連れ込むのは、ほとんど中国人ですが」 ミャンマー中部に位置する同国第二の都市、マンダレー。金を扱う華人系の店が並ぶ通りから数百メートルという立地に、十軒ほどのラブホテルが並んでいる。ヒスイなどの貴石の取引で賑わった古都マンダレーは今、中国資本によって席捲されつつある。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top