金融機関が貸し渋り ならばと差し出す担保は市況の底固い「自社株」

執筆者: 2009年4月号
タグ: インド 日本
エリア: アジア

 英スタンダード・チャータード銀行が三月三日に発表した二〇〇八年決算で、税引き前利益が前年比一九%増の四十八億ドルに達した。金融危機の中、規模で世界第五位の大手行が好決算、それも大幅な増益を記録するのは異例。同行の業務は七割がアジア・太平洋地域で占められており、先進国の急速な景気後退から逃れられた格好だ。 インドの貢献も大きい。同国で法人向け事業の純利益は前年比二四%増の十一億一千万ドル、個人向け事業も一九%増の四億八千四百万ドル。金融危機前の好況期分もあるため、〇九年の業績は減速が予想されるが、前年割れの可能性は小さいと見られる。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top