ワヒド政権内で早くも高まる“不協和音”

執筆者: 2000年1月号
カテゴリ: 国際

 インドネシアのワヒド政権が早くも危機に直面している。国民に人気の高いメガワティ副大統領の“無能ぶり”が露呈、彼女を批判する記事も目立ち始めた。また前国軍司令官で、現政権の中枢に座るウィラント調整相(政治・治安担当)とワヒド大統領の不仲も囁かれている。 就任当初、「私は今までの副大統領とは違い、いろいろな役割を与えられている」と公言したメガワティ副大統領だが、マルク地方で続くイスラム教徒とキリスト教徒による抗争で、本来果たすべき役割を何もこなしていない。抗争が激化した昨年末には、家族と香港旅行に出かける始末で、大統領も「できるだけ早く帰国すべき」と釘をさしたが、予定通りの一月二日に帰ってくるというのんびりぶりだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top