冒険とスポーツ 堀江謙一『太平洋ひとりぼっち』

執筆者:船橋洋一 2000年3月号

 太平洋を、そんな風にあっけらかんと自分のテーマにし、自分の劇場にしてしまった日本人はそれまでいなかった。 それまでこの大洋は、日本にとって、移民とか、艦隊とか、体制とか、戦争とか、講和とか、同盟とか、要するに国家と民族の織りなす大テーマであり、巨大なアリーナであり続けてきた。 それなのに、突如、太平洋の潮騒が「ぼく」の物語を奏で始める。 一九六二年、堀江謙一、二十三歳。マーメイド号で、太平洋を横断した。九十四日間の船旅だった。「なんだか、どの星もぼくを中心にしてまわっているみたいに見える」 そう日誌に記した。太平洋のど真ん中で、青年は寝転がって、空を見つめていた。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top