「エシェロン」極東での盗聴活動の実態

執筆者: 2000年4月号
エリア: アジア

 米英主導でその実態が極秘にされてきた、世界的な盗聴ネットワーク「エシェロン」の極東での拠点が明らかになった。日本の治安筋によると、通称「501」と呼ばれる在韓米軍電子盗聴部隊が極東での中核の役割を担っており、同部隊に集約された情報は、米メリーランド州にある米国家安全保障局のフォート・ミード基地に送られているという。 韓国内には、第八軍などを支援するハンフレー・キャンプと第七飛行団が駐留する烏山基地に前線拠点が置かれているという情報もある。また、日本の三沢基地もエシェロンの極東の主要拠点だという。極東エシェロンの主な盗聴相手は、北朝鮮や中国とされている。最近、北朝鮮の金正日総書記とスイスのジュネーブにいる女性との私的な国際電話まで盗聴されていたことが明らかになった。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top