疲れを知らないバチカン外交の目指すもの

執筆者:立山良司 2000年4月号
エリア: 北米

 まもなく八十歳を迎えるというのに、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世は疲れを知らないかのようだ。休む間もなく世界を駆け回っている。在位二十二年の間に訪問した国はおよそ百二十カ国にのぼる。ミレニアムの今年、その活動はますます盛んだ。三月にはイスラエルやパレスチナを訪問し、ローマ法王とバチカンの存在感を改めて世界に示した。 イスラエルのバラク首相は法王の訪問を「ユダヤ人国家イスラエルとキリスト教世界との関係の記念碑的な転換点」と最大級に形容した。PLO(パレスチナ解放機構)のアラファト議長は法王の「パレスチナの大義に対する公正な立場」を繰り返し賞賛した。ローマ法王の発言や訪問が実際の中東和平交渉に具体的な影響を及ぼすことはあり得ないが、双方とも法王の存在をフルに活用しようと躍起になっている。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top