今なお権力にとどまるミロシェビッチの謎

執筆者:ルイーズ・ブランソン 2000年5月号
カテゴリ: 政治 社会
エリア: ヨーロッパ

 空爆も、経済制裁も、セルビアの独裁者を倒すことはできなかった。今やミロシェビッチは「欧州のサダム」と化した。NATOの誤算とは何だったのか。そして今、セルビアでは何が起きているのか――。

[ベオグラード発]ちょうど一年前の今頃、コソボ自治州の紛争をめぐって、NATO軍はユーゴに激しい空爆を行なっていた。三月に始まった容赦ない攻撃は、七十八日間にわたって続けられ、出撃回数は三万七千四百六十五回に及んだ。セルビアの独裁者、スロボダン・ミロシェビッチもついに膝を屈し、和平案を呑んだ。すでにハーグの旧ユーゴ戦争犯罪法廷からは、人道上の罪と戦争法違反の容疑で起訴され、もはやミロシェビッチの命運も尽きたと、NATO側は読んでいた。

カテゴリ: 政治 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ルイーズ・ブランソン イギリス出身。英『サンデー・タイムズ』紙モスクワ支局長を経てフリーランスに。米『ワシントン・ポスト』紙元モスクワ支局長で夫のダスコ・ドーダー氏との共著に『ミハイル・ゴルバチョフ』『ミロシェビッチ――暴君のポートレイト』がある。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top