「伊藤忠」西武百貨店への接近で微妙になるヨーカドーとの関係

執筆者: 2000年9月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 伊藤忠商事が、西武百貨店および同社傘下の吉野家ディー・アンド・シーへの資本参加を決めたことで、伊藤忠とイトーヨーカドーグループとの提携が、「きわめて微妙な状況」となってきた。 伊藤忠は、食品部門出身である丹羽宇一郎社長のリーダーシップのもとで、これまでにも西武系のコンビニであるファミリーマートに資本参加してきており、流通への進出を加速している。 そんな進出の動きに対しては、「複数の流通グループへの商品提供、技術関連の協力は、いくら担当部門が違うといっても、社内での利益相反があまりに大きい」との批判が、伊蔵忠の社内だけでなくヨーカドー側からもあがっているという。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top