「金塊」を持ち出せず亡命を断念したミロシェビッチ

執筆者: 2000年10月号
タグ: 大統領
エリア: ヨーロッパ

 ユーゴスラビアのミロシェビッチ前大統領が「民衆革命」のさ中、国外亡命のため連邦政府の金塊を持ち出そうとしたが、事前に発覚し、その結果亡命を断念したとの有力情報が流れている。 ベオグラードの消息筋によれば、ミロシェビッチ氏が金塊持ち出しを図ったのは、大統領選挙でのコシュトニツァ氏(新大統領)の当選を認め、同氏と会談した十月六日。配下の秘密警察を動員してベオグラードの中央銀行地下から大量の金塊を運び出し、同日深夜ベオグラードから北京に向け出発予定だったユーゴ機に運び込む作戦だったが、野党勢力側に秘密が漏れ、実行できなかったという。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top