実戦レベルに達している北朝鮮のサイバー戦闘能力

執筆者: 2000年11月号
タグ: 北朝鮮
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮のサイバー戦闘能力が高度な実戦レベルに達していることが明らかになり、米韓など関係各国が警戒を強めている。軍事筋によると、北朝鮮は九〇年代に入って前線部隊と人民武力省間の光ケーブル網を構築。C3I(指揮・統制・通信・情報)システムも完成しており、毎年百人規模でサイバー戦の専門家も養成、実戦配備しているという。 同筋は、北朝鮮のサイバー戦闘能力について、「極めて高度なレベルに達している」としたうえで「サイバー攻撃を仕掛けられれば、韓国軍、在韓米軍の兵器、情報体系は甚大な被害を受ける」と指摘する。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top