“加藤再起”もある宏池会の行方

執筆者:三原圭次 2000年12月号
カテゴリ: 政治 金融
エリア: 日本

すべてのカギを握るのは古賀新幹事長 自民党の公家集団「宏池会」(加藤派)は事実上分裂し、「ポスト森」の最右翼だった加藤紘一元幹事長は“蟄居”の身となった。森内閣の倒閣宣言をした加藤氏は、あっけない幕切れの後、ホームページに「十字架を背負って再出発する」とのメッセージを残した。しかし、現実は甘くない。 永田町は加藤氏の政治的自殺行為を既成事実として「加藤外し」を公然化し、国民は加藤氏の「最高指導者としての資質」に疑念を持った。第二次森改造内閣で次世代のニューリーダーとされる橋本派の額賀福志郎、江藤・亀井派の平沼赳夫氏らが入閣したのは、その始まりだ。

カテゴリ: 政治 金融
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top