ロシアのカシヤノフ首相解任は時間の問題か

執筆者: 2001年6月号
エリア: ヨーロッパ

 ロシアのカシヤノフ首相の解任が時間の問題となってきたとの見方がモスクワでは有力になっている。 カシヤノフ氏は元々、エリツィン前大統領の取り巻きの一人。経済官僚出身で財政運営や対外債務交渉が得意だったことなどから、首相のポストを維持してきたが、就任一年余りを経過し、長期安定政権に向け独自色を強めるプーチン大統領にとっては「もはや御用済みのエリツィン・ファミリー」(クレムリン筋)との声が強い。 モスクワの外交筋によれば、三月の内閣改造の際、他のエリツィン・ファミリーの閣僚とともに更迭されるはずだったが、プーチン大統領に忠誠を誓って首がつながった。ところが、最近、エリツィン氏や政商ベレゾフスキー氏と依然、緊密な関係にあることが発覚、プーチン大統領の怒りを買ったといわれる。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top