マスコミこそ“縦割り”の打破を

執筆者:伊藤洋一 2001年8月号
タグ: 日本 インド
エリア: アジア

 政府に強く「構造改革」を進言する日本のマスメディアにも「構造改革」が必要なのではないか、と強く思わせる七月の参議院選挙報道だった。 鮮明に思い起こされるシーンが一つある。NHKの開票速報だった。テレビ画面には小泉首相、鳩山民主党代表などなど、各党の党首が区切られた升目に映されている。その党首たちに向かって、キャスター氏は次々に問いかける。「構造改革ですか、それとも景気優先ですか」――。 二者択一の設問となっているからには、どっちか選べ、ということなのだろう。「構造改革なくして景気回復なし」。つまり二択の視座から見れば「どっちも」と答えているに等しい小泉首相をはじめ、大部分の党首は「選べ、選べ」と迫られ通しで辞易しているのが窺えた。

カテゴリ: IT・メディア 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top