ユーラシアへの関与、同盟の再定義、民族主義や世俗イスラムとの連携など、いくつもの課題が米国を待つ。これから始まる「本当の戦い」において、ブッシュ大統領に求められるのは米国の多様性と自由の維持だ。 米国と英国のアフガニスタン空爆によってアル・カエダとタリバンに対する対テロ戦争が始まった。 ラムズフェルド国防長官は「この戦争に、Dデイはない」と言った。いつまでに終えるというデッドラインはない。持久戦である。 長官は「冷戦が、同盟国とともに不断に圧力を相手にかけ続け、熱戦なしに最後は相手が内圧で崩壊したような形」でこの戦いは終わるだろうとの出口戦略イメージを語っている。つまりは、新たな封じ込め戦略である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
船橋洋一 アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長。1944年北京生まれ。東京大学教養学部卒。1968年、朝日新聞社入社。朝日新聞社北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て、2007年から2010年12月まで朝日新聞社主筆。米ハーバード大学ニーメンフェロー(1975-76年)、米国際経済研究所客員研究員(1987年)、慶應義塾大学法学博士号取得(1992年)、米コロンビア大学ドナルド・キーン・フェロー(2003年)、米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー(2005-06年)。2013年まで国際危機グループ(ICG)執行理事を務め、現在は、英国際問題戦略研究所(IISS)Advisory Council、三極委員会(Trilateral Commission)のメンバーである。2011年9月に日本再建イニシアティブを設立し、2016年、世界の最も優れたアジア報道に対して与えられる米スタンフォード大アジア太平洋研究所(APARC)のショレンスタイン・ジャーナリズム賞を日本人として初めて受賞。近著に『フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」』(文藝春秋)、『自由主義の危機: 国際秩序と日本』(共著/東洋経済新報社)、『地経学とは何か』(文春新書)、『カウントダウン・メルトダウン』(第44回大宅賞受賞作/文春文庫)など著書多数。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top