「エボラ出血熱」感染女性が親アル・カエダ組織の手中に

執筆者: 2002年1月号
タグ: CIA
エリア: アフリカ

 テロ組織、アル・カエダの一派が、アフリカで恐れられているエボラ出血熱を、欧米で蔓延させようと画策している可能性が出てきた。エボラ出血熱のヒトへの大量感染は、これまで十回以上アフリカで起きている。二〇〇〇年にはウガンダで約二百人が死亡したほか、昨年十二月からはガボンやコンゴで再び大流行の兆しが見えてきた。 ガボンに駐在する世界保健機関(WHO)関係者によると、昨年暮れ、エボラ熱の感染者が大量に確認された同国オグーエイビエンド州で、検査の結果、陽性反応が出た数人の女性が行方不明になった。その後の調査で、スーダンに拠点を置く親アル・カエダ組織のメンバーとみられる男たちによって連れ去られたことがわかったという。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top