アメリカ建国の精神と通底するアーミッシュの信仰

執筆者:立山良司 2002年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 アーミッシュといえば、ハリソン・フォード主演の映画『刑事ジョン・ブック―目撃者』でその存在を知った人も多いだろう。殺人事件を目撃したアーミッシュの少年と刑事との物語には、信仰に生きるアーミッシュのコミュニティの様子がいきいきと描かれていた。 キリスト教の一派アーミッシュは、現代を拒否している。特に厳格な戒律を守るオールド・オーダー・アーミッシュは電気を使わず車も運転しない。男性は黒いつば広帽を被り、女性も丈の長いスカートとエプロンを着けている。そんな彼らが車の代わりに馬車に乗って農作業に行く光景は、ほのぼのとノスタルジックな感じすらする。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top