始動するバーミヤンの仏像再建計画

昨年春、タリバンが破壊したアフガン文化の貴重な遺産を取り戻すべく、スイスの映画製作者と建築家が立ち上がった。[ロンドン発]一国の過去を否定し、その歴史的遺産を破壊するのは、民衆を服従させるための古典的な手法だ。中世ヨーロッパでは、もっぱら図書館が略奪の対象とされた。タリバンがアフガニスタンを実効支配していた当時、アフガン文明に対して行なった攻撃もこれとよく似たものだった。 最も大がかりな攻撃が行なわれたのは昨年の三月。タリバンは、国際社会の批判をものともせず、二千年近く風雪に耐えてきたバーミヤンの二体の大仏を破壊した。仏像はいずれもイスラム文明以前の遺物であり、異教徒による偶像信仰の象徴であるというのが、その理由だった。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top