米国企業の女性幹部に求められる「女らしさ」

執筆者:ルイーズ・ブランソン 2002年5月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 北米

アメリカのフェミニズムに“第三の波”ともいうべき新たな潮流が起きつつある。「ガラスの天井」を突き破るため、ビジネスウーマンは意外な道を進もうとしている。[ワシントン発]「ハロー、私、グレタ・ヴァン・サステランです。あれからまた手術を受けたの」――アカデミー賞授賞式で、俳優ネイサン・レインがとばした“旬のジョーク”のネタは、先頃、CNNからライバル局のフォックス・ニュースへと引き抜かれた、キャスターで弁護士でもあるヴァン・サステランだった。移籍に当たって彼女が美容整形を受け、別人のごとく生まれ変わったことが物議をかもしているのだ。四十七歳の彼女が、今さらなぜ美容整形を必要としたのか。男性キャスターは中高年にさしかかっても、誰も容姿など問題にしないではないか、と。ヴァン・サステラン自身は、「ちょっとした思いつきで、特別な意味はない」と、虚しい反論をくり返すばかり。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ルイーズ・ブランソン イギリス出身。英『サンデー・タイムズ』紙モスクワ支局長を経てフリーランスに。米『ワシントン・ポスト』紙元モスクワ支局長で夫のダスコ・ドーダー氏との共著に『ミハイル・ゴルバチョフ』『ミロシェビッチ――暴君のポートレイト』がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top