突如しゃべり始めた「フジモリの側近」

執筆者: 2002年9月号
タグ: CIA アメリカ
エリア: 中南米

 ペルーのフジモリ元大統領側近で、在職中の贈収賄や人権弾圧などの罪に問われているモンテシノス元国家情報部(SIN)顧問が最近、国家機密や同国要人に関する核心的な供述を始めたようだ。 リマの消息筋によると、昨年六月ペルーの特別刑務所に収監されて以来、同元顧問は司法当局の取り調べに対し、重要な供述はほとんどしてこなかったが、七月二十八日の独立記念日を境に態度を一変。自ら「CIA(米中央情報局)に金で雇われ、ペルー政府の外交機密や安全保障政策を米側に通報していた」などと進んで供述、これまで公にされていなかったフジモリ前大統領に関する極秘事項も暴露しているといわれる。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top