「ポスト・サッダーム」に欠けている視座

執筆者:大野元裕 2003年4月号
タグ: アメリカ
エリア: 中東 北米

アメリカの描く政権転覆と「占領統治シナリオ」は実現性に疑問符もつく。「いつ」「誰が」「どのような状況下で」政権を崩壊させるかによって、後継政権のキープレイヤーは変わる。イラク・スペシャリストが注目するポイントは……。 アメリカは現在、イラクに対する武力行使の準備を着々と進めているようだ。ホワイトハウスのアリ・フライシャー報道官は「サッダームの大量破壊兵器を軍事力により破棄した後に、(イラクを)再軍備化させることはない」と述べており、武力行使が開始されれば政権転覆以外の可能性は低いだろう。 しかしその一方で、アメリカは政権転覆後のイラクをどうするつもりなのだろうか。またアメリカの描くポスト・サッダームのシナリオは妥当であろうか。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top