あのアルゼンチンが悩む最強の債務不履行国

執筆者: 2003年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

 八百八十億ドル(約九兆六千八百億円)に上る対民間債務の不払いを宣言したアルゼンチンが、反対に「貸し倒れ」の回収に苦慮している。キューバとの関係正常化を受けて近く再開する債務再編交渉を前に、キューバから大幅な減免を求められる見通しが強まっているためだ。 五月に発足したアルゼンチンのキルチネル左派政権は、二〇〇〇年の国連人権委員会でのキューバ非難決議への対応をめぐり悪化した二国間関係の改善に乗り出している。十月には約二年半ぶりに同国駐在大使を任命、一九七〇年代から停止しているキューバ債の返済再開に向け、再編交渉に入ることを決めた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top