「サムスン提携」液晶戦略が裏目に出るソニー

執筆者: 2004年2月号
タグ: 韓国

 薄型テレビで出遅れたソニーは昨年、韓国のサムスン電子から液晶パネルの優先供給を受ける包括的な提携契約を結び、業界に衝撃を与えた。その提携が裏目に出る恐れが強まっている。 薄型テレビの市場の拡大によって液晶パネルの需給は逼迫中。ソニーに液晶パネルを供給してきたシャープや韓国LG電子は、「いずれサムスン一社に調達を絞る相手にモノは渡せない」と、ソニーへの供給を急速に絞り始めた。 肝心のサムスンは、ソニーと合併で来年夏に第七世代の液晶工場を立ち上げるまでは供給力に限界がある。今年は八月のアテネ五輪を目指して「上半期が薄型テレビ商戦の天王山」(家電量販店)だが、その時期にソニーの薄型テレビが品切れを起こす不安が一部で指摘されている。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top