ビン・ラディンが画策? テロ「欧州軍」

執筆者: 2004年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 スペインの列車爆破テロをめぐってはアル・カエダ関与説も出ているが、オサマ・ビン・ラディンが欧州でテロを仕掛けるため「欧州軍」の創設を進めていたとの説がある。パリの国際治安筋によると、これは今年に入り、英国、フランス、ドイツなどで捕らえられたアル・カエダ要員から得た供述や文書に基づく欧米の情報機関の共通認識だ。 ビン・ラディンは、イラクなど中東の「近い敵」ではなく、欧州の「遠い敵」を重点攻撃目標にするよう、配下のグループやシンパ組織に訴えている。英仏独のほかアルバニアなどバルカン諸国やコソボでアル・カエダ細胞が本格的なテロ集団「欧州軍」の創設に動き始めた兆候があるという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top