カネボウ支援でも挙がるリップルウッドの名

執筆者: 2004年4月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 花王との経営統合を蹴り、産業再生機構行きとなったカネボウ。産業再生機構側は売却される化粧品事業と本体を一体支援することを決めたものの、繊維や食品などの本体事業の取捨選択は、取引金融機関との協議次第になっている。 産業再生機構の支援額が当初の見通しを下回りカネボウ本体には二千億円以上の負債が残った。この負債の削減が本体再建の焦点だが「花王との事業統合を蹴ったカネボウに激怒している」(カネボウ幹部)三井住友銀行は、金融支援は「最小限の範囲内で」(三井住友銀行幹部)とつれない。そこで触手を伸ばしているのが、新生銀行の上場で二千二百億円の株式売却収入を得たリップルウッドだ。

カテゴリ: 社会 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top