安い! 広い! 面白い! 「欧州民泊漂流記」 家族旅行編(3)

執筆者:高井浩章 2019年3月7日
タグ: ロシア
エリア: ヨーロッパ 日本
パレルモのフラットからの絶景! (筆者提供、以下同)

 

 2017年の夏休み後半戦の行き先はイタリア・シチリア島。空港でレンタカーを借りて、パレルモ(シチリアの州都)から東海岸のビーチリゾート、タオルミーナまで回る、豪華で、ちょっと無謀な計画でした。なにが無謀って、私は左ハンドル・右側通行の運転経験がゼロ(イギリスは日本と同じ左側通行)だったのです。空港でレンタカーを借りた直後、軽く死にかける逆走事件を起こしたのですが、民泊と無関係なので割愛いたします。

さすがマフィアの本場

 ギリシャ・ローマ時代から栄えた歴史を持つパレルモは、旧市街を歩けばタイムスリップした気分が味わえ、海岸に出れば静かな地中海が広がる素晴らしい観光地です。若干、治安が悪いのが難点ですが。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
高井浩章 1972年生まれ。経済記者・デスクとして20年超の経験があり、金融市場や国際ニュースなどお堅い分野が専門だが、実は自宅の本棚14本の約半分をマンガが占める。インプレス・ミシマ社の共同レーベル「しごとのわ」から出した経済青春小説『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』がヒット中。 noteの連載はこちら→https://note.mu/hirotakai ツイッターアカウントはこちら→https://twitter.com/hiro_takai
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top