安い! 広い! 面白い! 「欧州民泊漂流記」家族旅行編(4)

アテネのアパートメントのベランダからちらりと見えるパルテノン宮殿 (筆者提供、以下同)

 

 2018年春に帰国が決まっていたので、「今のうちに行っとけ!」という感じで、ベルギー・オランダ旅行からわずか2カ月後の2017年12月には、クリスマス休暇にギリシャに遊びに行きました。4泊5日であえてギリシャ旅行の定番の離島オプションを封印し、首都アテネでのんびり過ごしました。

Google先生、ありがたや

 過ごす時間が長くなるので宿のクオリティーは大事なファクターになります。家庭内ツアコンの私は、培ったノウハウを総動員して、「Airbnb(エアビーアンドビー、エアビー)」サイトで優良物件を探しました。ギリシャに何度も行っている同僚からアドバイスも受け、最終的にアテネの中心シンタグマ広場から歩いて20分弱、パルテノン神殿が鎮座するアクロポリスの南に位置するアパートメントを選びました。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
高井浩章 1972年生まれ。経済記者・デスクとして20年超の経験があり、金融市場や国際ニュースなどお堅い分野が専門だが、実は自宅の本棚14本の約半分をマンガが占める。インプレス・ミシマ社の共同レーベル「しごとのわ」から出した経済青春小説『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』がヒット中。 noteの連載はこちら→https://note.mu/hirotakai ツイッターアカウントはこちら→https://twitter.com/hiro_takai
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top