駐韓大使から異例の起用:冨田浩司駐米大使が生かす「民主党人脈」

PERSONALS[人事情報]

2021年3月11日
カテゴリ: 政治
エリア: アジア 中東 北米
 

『危機の指導者 チャーチル』『マーガレット・サッチャー 政治を変えた「鉄の女」』の2冊を並べて、著者が外交官と思う人はいないだろう。知っている人も少ないはずだ。この2冊の著者は、この1月に新駐米大使に就いた冨田浩司氏(63)だ。冨田氏は持ち前の外交手腕に加えて、外務省内では多才な「異能の主」としても知られる。

 米国はトランプ政権からバイデン政権へ移り、両国間の主要な政策が大きく変容している。日本も対米政策の大きな転換を迫られることになった。その中で、これまで事務次官経験者や事務次官級の外務審議官経験者などをあてるケースが多かった駐米大使に、駐韓大使だった冨田氏をあてたのだ。駐韓大使からの起用は異例ともいえるもので、また冨田氏の韓国大使の在任期間がわずか1年というのも余り例はなく、異例ずくめになった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top