復権した外務省――菅外交を動かす「秋葉―森ライン」

PERSONALS【人事情報】

2021年6月28日
エリア: アジア
外務次官に就任した森健良氏(C)AFP=時事
森健良氏の外務次官就任に、同省幹部は「ようやく外務省の外交政策ができる」と胸をなでおろす。安倍政権時代の「官邸外交」で蚊帳の外だった外務省が復権した。

 

 戦後最長の3年半もの間外務次官を務めていた秋葉剛男氏(1982年入省)が退任し、後任に日米関係のエキスパートである森健良外務審議官(83年入省)が就任した。秋葉氏は、外交や安全保障政策の司令塔となる国家安全保障局(NSC)の局長となる方向だ。すべては外務省の青写真通りの人事で、菅義偉首相が同省の意向をそのまま受け入れたと言える。経済産業省など他省庁が外交に幅を利かせた安倍晋三前政権時代から一変し、本丸の外務省が復権した状況が浮き彫りになった。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top