矢野康治・新財務次官が取り組む「コロナ禍での財政再建」という難題

PERSONALS【人事情報】

2021年7月6日
タグ: 日本 菅義偉
エリア: その他
中小企業向け法人減税をめぐって、主計局長時代の矢野氏は経済産業省とバトルを繰り広げた
初の一橋大卒、首相にも忖度なしの異色の財務次官が誕生する。香川俊介元次官仕込みの厳格な財政再建論者は、巨額の累積赤字にどう臨むか。

 財務省の事務次官に矢野康治主計局長(1985年入省)が昇格した。菅義偉首相が官房長官時代に秘書官を務め、首相の信任が厚いとされる。霞が関では安倍政権以降、この10年、忖度やごますりがまかり通ってきた。この官僚社会の中にあって、矢野氏は菅首相に当時からはっきりと直言してきた。官僚に対する辛口のコメントで知られるテレビ朝日の「モーニングショー」のコメンテーター・玉川徹氏も「矢野氏は改革派」と認め、一目を置く存在だ。「異色」の事務次官が財務省のトップに立った。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top