堂前宣夫「無印良品」新社長、“オーガニックじゃない”超成長数値目標に戸惑いの声

PERSONALS【人事情報】

2021年8月13日
エリア: その他
松﨑暁・現社長(左)は代表権のない副会長に。米国事業の立て直しも、堂前宣夫新社長(右)の使命になる ⓒ時事
ファーストリテイリングで柳井正会長兼社長の片腕と呼ばれながら、同業「無印良品」に異色の転身をした堂前宣夫氏が、9月1日付で社長に昇格する。同社はこの機会を「第二の創業」と位置づけるが、昇格には金井政明会長の意向が働いたという新社長の方針と企業理念の食い違いに内部では動揺も広がっている。

 生活雑貨や衣料品、食品などを手掛ける「無印良品」(社名は良品計画)の社長に、ファーストリテイリングの元役員だった堂前宣夫氏(どうまえ・のぶお=現・良品計画専務=52)が9月1日に就任する。日本最大級の流通グループだったセゾングループから産み落とされ、約40年の歴史のある「MUJI」。業績好調の中での初の外部出身者の社長起用に、社内の一部からは「堂前さんは、『MIJIらしさ』をどうしようとしているのか」との動揺が広がっている。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top