パリ五輪の暑さ対策はいかに? 最新技術でオリンピックに挑む

2024年6月22日
タグ: 健康
エリア: ヨーロッパ
(C)REUTERS/Benoit Tessier
史上最も環境に優しい大会を目指すパリ五輪では、選手村の部屋にエアコンが設置されない予定だ。選手たちはトレーニングやリカバリー、そして競技を行う際、体温管理に一層の注意が必要になる。そこで注目されるのが、シリコンバレーのイノベーションを支えるだけでなく卓越したアスリートが多数所属することでも知られる、米スタンフォード大学の体温調節に関する最新技術だ。

[カリフォルニア州スタンフォード発/ロイター]五輪が迫る中、パリの気温は夏に向けて上昇しつづけていく見込みで、メダル獲得を目指す選手にとっては負担が増す一方だ。昨年夏はヨーロッパで記録的な高温となり、今年も再び猛暑が来ることが予想されている。7月中の正確な天気予報が出るのはまだ先だが、フランス気象局は例年よりも高い気温が予想されると発表した。

 スタンフォード大学生物学教授で体温調節の専門家であるクレイグ・ヘラー氏は、ロイターの取材に対してこう語る。「パリでは、東京五輪のときのように耐えがたい暑さになることがある。環境温度の上昇は、パフォーマンスに大きな影響を与える」

 カリフォルニア州・サンフランシスコの湾岸地帯に位置するスタンフォード大学は、1912年以降の五輪で毎回メダリストを輩出している。東京五輪ではスタンフォード大学所属の選手が26個のメダルを獲得し、2016年のリオ五輪では27個のメダルを獲得した。スタンフォード大ではヘラー氏をはじめとする研究者が体温調節の研究を行ってきており、大学がシリコンバレーに近いことから、競技の場に最新技術が取り入れられている。

カテゴリ: 医療・サイエンス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top