平和を維持するための軍事力

執筆者: 2011年8月5日

 『世界の戦争と国際貢献活動のトランスフォーメーション』を著したイスラエルのヘブライ大学教授アヤル・ベンアリ氏に話を聞いた。氏は、自衛隊や防衛大学を訪問取材し、日本の安全保障政策が転換期にあるという仮説に確証を得る目的で訪日した。

 氏の言う「Normalization」は、現代国際社会における普通の感性に合わせるという意味で、「普通化」と訳すのが最適であろう。日本の安全保障政策および軍事力の運用においては「普通化」が進み、戦争や軍事に対する拒絶感が和らいでいると見ている。次の5つの現象が、「普通化」を象徴しているとする。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top