大阪ダブル選「本当の争点」は「原発」と「行革」

執筆者:白石均 2011年11月8日
カテゴリ: 政治 社会
エリア: 日本
大阪市長選で相まみえる平松市長と橋下氏 (C)時事
大阪市長選で相まみえる平松市長と橋下氏 (C)時事

 橋下徹・大阪府知事が市長選への鞍替え出馬を表明し、10月31日に正式に辞職。11月27日のダブル選挙に向け、選挙モードに突入した。ただ、市長選は橋下氏vs.現職の平松邦夫市長でほぼ確定したものの、知事選の方は、民主党や自民党の思惑も入り乱れ、まだ構図は混沌とした状態が続いている。  そうした状況下、橋下徹・大阪維新の会代表に対するバッシングが急速に強まっている。  実父の出自、親族の不祥事など、「橋下ネタ」が一斉に週刊誌上で噴出。橋下氏自身は「ほぼ事実」と認めつつ、「(自分の)子供は、事実を初めて知った」「公人に人間の権利は一切ないのか」とツイッターで心情を吐露した。  もちろん、こうした話は、選挙戦にはつきもの。だが、これらは、いずれも古い話だ。橋下氏はこれが最初の選挙戦ではなく、緒戦の知事選のほか、今春の統一地方選でも陣頭に立った。それが、今になって一斉に報じられているのは、いささか奇異に感じられる。

カテゴリ: 政治 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top