NASAが使用を要請したタイのウタパオ航空基地

執筆者:樋泉克夫 2012年6月30日
エリア: アジア

 バンコク東南郊にある国際的リゾート地、パタヤ。その近くに、時に民間航空も利用するタイ国軍のウタパオ航空基地がある。このウタパオ航空基地は近接するタイ海軍サタヒップ基地と一体化して運用され、バンコク防衛の要衝として位置づけられているが、同時にタイをめぐって変化する内外情勢を反映してもいる。

 はるかヴェトナム戦争の時代、ウタパオ航空基地はラオスとの国境に隣接する東北タイのウボン、ウドンの両航空基地と並んで米軍にとって重要な作戦基地であり、前線航空基地であった。当時、ウタパオ航空基地からは、機体を真っ黒に塗られた不気味で巨大なB-52爆撃機やKC-135空中輸送機が休むことなく南北ヴェトナムに向けて出撃していった。そして米軍機はヴェトナムの最前線から多くの米兵を運んできた。彼らの目的地はパタヤ。体に染み付いた硝煙と血腥い臭いを洗い流そうと遊び狂った。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top