ビジネスチャンスになったCO2排出権取引

執筆者:石山新平 2005年2月号
タグ: 日本

EUでは排出権取引制度が開始された。そして京都議定書も発効。二酸化炭素排出権をめぐる状況は今後急展開する。[フランクフルト発]「これはもはや環境問題ではなく経済問題だ」――。 京都議定書や地球温暖化、二酸化炭素排出権という言葉を聞くと、一般のビジネスマンはまだまだ縁遠い「環境派」のテーマと思うのではないだろうか。だが現実はまったく違う段階に進んでいる。二酸化炭素(CO2)に代表される温暖化ガスの排出問題をどうクリアし、さらにビジネスチャンスとしてどう生かしていくか。今明確な方針を持っているかどうかで、十年後、国や企業の競争力に雲泥の差が生じることになる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top