普天間・嘉手納統合案 言い出したのは日本だった

執筆者: 2005年4月号
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 日本

 米軍普天間基地の移転問題で、沖縄北部の辺野古沖への移転を断念し、嘉手納基地に統合する案が浮上してきた。 辺野古断念の動きは、二月に訪米した額賀福志郎自民党安保調査会長に国防総省のローレス副次官が「適切な移設場所を見出すことが必要だ」と述べたのがきっかけ。防衛庁幹部は「SACO(日米特別行動委員会)合意から九年が経過しても進まない作業に、米側がいらだちを示した」と解説するが、日米軍事筋は「会談で普天間の移設問題を持ち出したのは額賀の方。ローレスは相槌を打っただけ」と辺野古断念は日本側の提案と明かす。

カテゴリ: 外交・安全保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top